転職エージェントの悩み

転職エージェントに見捨てられるのはあり得る【本当に申し訳ない話】

転職エージェントに見捨てられるのはあり得る【本当に申し訳ない話】

 

毎日お疲れ様です、てんたです。

本業でエージェント業務をしながら、複業で転職ブログを運営しています。月に1万人以上が訪れる本ブログでは転職や派遣に関する記事を投稿中です!

 

さて、本記事ではこんな悩みを解決します。↓↓

ごりー
ごりー
転職エージェントに見捨てられることってあるの?そうなったらどうしたらいいの?

 

結論からいうと、申し訳ないですけど、転職エージェントが応募者を見捨てるのはあり得ます。

なぜこう言い切れるのかというと、エージェントの立場として経験があるからですね。

 

なので、タイトルにもある通り、本当に申し訳ない気持ちはあるんですけど、なぜそうなるのか、そしてそうなったときの対処法について本記事で解説していきます!

4分ほどで読み終わるかなと思います。

エージェントに見捨てられるのはあり得ます

エージェントに見捨てられるのはあり得ます結論からいえば、エージェントに見捨てられることはあり得るわけですが、まずはそもそも見捨てられるってどういうことなのか、どうしてそうなるのかをお話していきます。

  • 見捨てる言葉の意味
  • なぜ見捨てるのかを解説

 

エージェントに見捨てられる言葉の意味

見捨てられるって言葉はかなり悪い表現かなと思いまして、エージェント経験のある僕からいえば「お互いの条件がマッチしなかった」という言葉に言い換えられるかなと。

というのも、転職エージェントに登録後、本格的に利用するには下記の条件が成立していないといけないからです。↓↓

応募者の希望や職歴×募集中企業の希望条件

 

見捨てるというよりかは、上記の条件がマッチングしないのであれば、転職エージェントとしても出来ることはほとんどないんですよね。

大手エージェント企業であれば、エージェント業務と求人管理業務を分けていることが多いので、みなさんがお話することになるエージェント業務を行っている営業からは「お互いの条件がマッチングしないために、見捨てた」ということになるわけです。

 

なので、意図的にというよりかは、仕方がなくという意味合いが強いですね。

それに加えて、次にお話する3つの理由から見捨てないといけないときもありまして、言い訳に聞こえるかもですが、聴いてもらえると嬉しいです…。

 

なぜエージェントは見捨てるのかを解説

じゃあ、なんでエージェントは応募者を見捨てることになるのか。根本的な原因は「条件が合わなかったから」ですが、深掘りすると下記の3つの理由があります。↓↓

  • 他にも応募者を抱えているから
  • 紹介できる求人がないから
  • 求人を探すのは別の担当者だから

 

他にも応募者を抱えているから

転職エージェントは1人で何十人もの応募者を対応していまして、優秀なエージェントだと100人くらいになったりもします。

これってどのくらい忙しいのかというと、求人の条件とマッチしない応募者や、そもそも紹介できそうな職歴ではない応募者を見限らないと作業が終わらないくらい。

 

転職エージェントとしても、より多くの給料を貰うためには、より多くの応募者を納得できた企業に転職して貰わないといけないので、できればその可能性が高い応募者を優先していきたいんですよね。

 

紹介できる求人がないから

エージェントを活用すれば非公開求人にも応募できるようになるので、選択肢は必ず増えてきます。

なんですけど、エージェント会社によっては特化している応募者が異なるので、いくら非公開求人があったとしても、紹介して貰える求人がない可能性もあります。

 

たとえば、これまでの職歴を活かしたキャリアアップがメインの「リクルートエージェント」を使えれば、未経験歓迎の求人は少ないですし、紹介も中々してくれません。

一方で同じくリクルートが運営する「就職Shop」では、未経験職種に転職する20代の方や第二新卒の方をメインとしているので、こっちならチャンスが多いかも。

 

つまり、自分の職歴や目的に合った転職エージェントを使わないと、そもそも相手にしてもらえない可能性が高いということですね。

 

求人を探すのは別の担当者だから

大手の転職エージェント会社ほど、エージェント業務をする人と、求人を獲得してくる人を分けていることが多いです。

応募者と連絡を取るようになるのはエージェント業務の担当者なので、現段階でご紹介できる求人がなければ、エージェント業務担当者としてはできることがないんですよね。

 

ちなみに、応募者が求人管理担当者と連絡を取ることはないので、だからこそ見捨てられたような形で連絡が途絶えたりするわけですね。

 

結論:申し訳ないが見捨てられることはあり得る

ということで、一旦話をまとめますと、とっても申し訳ないですが、エージェントは応募者を見捨てる可能性はあります。

見捨てるというよりは、「お互いの条件がマッチせず、できることがない」というような意味ですね。

 

その他にエージェントから連絡が来なくなる理由は下記の通り。↓↓

  • 他にも応募者を抱えているから
  • 紹介できる求人がないから
  • 求人を探すのは別の担当者だから

 

いくら転職エージェント側にも事情があるとはいえ、応募者としては何とも迷惑な話ですよね。

なので、見捨てられることに対しての対処法を最後にお話して終わりたいと思います!

 

エージェントに見捨てられることの対処法

エージェントに見捨てられることの対処法下記の2つに分けて解説していきます。

  • 見捨てられる前にしておきたいこと
  • 見捨てられた後にしておきたいこと

 

見捨てられる前にしておきたいこと

まずは、転職エージェントに見捨てられる前にしておきたいことについて。

ここで重要なのは「エージェントに見捨てられないようにする」ということですね。ということで対策は下記の通りです。↓↓

  • 目的に合ったエージェントを活用する
  • 転職条件は多少の妥協点も入れておく

 

まずは、自分の目的にあった転職エージェントを活用するのが第一です。

さっきも話したように、ここが合わない限りは時間の無駄ですし、紹介して貰えたとしても採用されることは難しいですからね。

 

たとえば、キャリアアップを狙いたいなら「リクルートエージェント」がおすすめですし、未経験職種への転職希望や職歴に自信がない方は「就職Shop」がおすすめですね。

それぞれ下記の記事でデメリットやメリット、活用方法についてまとめているので、良かったら参考にしてみてくださいね。

リクルートエージェントについてまとめた記事がこちら

就職Shopについてまとめた記事はこちら

 

見捨てられた後にしておきたいこと

もしも、エージェントから連絡が来なかったり、紹介先がないと見捨てられてしまった場合は下記の対処法が考えられるかなと思います。

  • 他の転職エージェントを活用する
  • 自力で転職サイトから応募する

 

個人的におすすめなのは上記2つの同時進行ですね。

より目的に合った転職エージェントを活用すれば求人を紹介してもらい、すぐに転職できるかもしれないですが、同じようにマッチしない可能性もありますからね。

 

とはいえ、自力で転職サイト経由のみで応募していると、求人が限られてくる分、時間が多くかかる可能性が高い。

エージェントを使えば書類選考で通りやすくなったり、そもそも書類選考を免除して貰える転職エージェントもあるので、可能性は広がってくるわけです。

 

多少面倒だとは思いますが、同時進行が一番効果的かなと思いますね。

 

まとめ:見捨てられても大したことないです

エージェント業務経験からも、個人的な転職経験からも言えることですが、見捨てられたとしても大したことはないです。

エージェントに見捨てられたから転職出来なくなるわけじゃないですし、時期的に求人がなかった可能性もあるので、そこまで気にする必要はないですよ。

 

少しショックな気持ちも分かりますが、ササっと次の行動に移すのが一番ですし、「見捨てて手数料が入らなくなったことを後悔させてやる!」くらいに思っておけば良いかなと思います!

現役エージェントが偉そうに言えることではないですが、上記の対処法からみなさんの転職が上手くいくことを祈ってます!!

 

本記事でご紹介した記事

リクルートエージェントについてまとめた記事がこちら

就職Shopについてまとめた記事はこちら

 

てんた
てんた
最後までお読みいただき、ありがとうございました!