自己分析の悩み

【入社して半年以内だけど辞めたい】入社後半年以内の転職を成功させる方法

【入社して半年以内だけど辞めたい】入社後半年以内の転職を成功させる方法

 

  • 入社後まだ半年しか経ってないけど、転職してもいいのかな?
  • 入社して半年以内の転職では、内定を貰うにはどうしたらいい?
てんた
てんた
この記事では、こんな悩みを解決します

 

 

本記事では、[ 入社後半年以内の転職を成功させる方法 ]についてお話していきたいと思います。

 

「入社してから3年間は働くこと」ということを、ほとんどの方がこれまでに1度や2度は聞かされたかと思います。

これって半分正解で、半分不正解だと思っています。

正解だと思う部分は、3年間働くことで、スキルや知識、経験が身に付き、見える景色が変わることはあるからです。

不正解だと思うのは、人によって、3年働いて身に付くものよりも、もっと大事なことがあるからです。

そして、本記事を読んでいるみなさんのほとんどが、3年働いて身に付くものよりも、もっと大事なことがある方だと思います。

そのような方に向けて、本記事では入社後半年以内の転職を成功させる方法についてお話していきます。

 

この記事を読めば、

入社してから半年以内の転職を成功させるために必要な3つのポイントを理解できます。

 

てんた
てんた
最後までぜひ読んでみてくださいね!

 

 

 

入社後半年以内の転職を成功させる方法

入社後半年以内の転職を成功させる方法

 

入社後半年以内の転職を成功させるには、これから以下の3つのことを意識することが重要になります

  • 何で勝負できるのかを知ること
  • 退職理由の伝え方を客観的に考えること
  • メンタルを整えること

 

 

何で勝負できるのかを知ること

 

何で勝負できるのかを知るということは、自己分析をするということです。

まず、入社後半年以内の転職をするみなさんが、武器にできないのが[ 経験 ]です。

入社してから1年以内ですので、これはもう仕方ないことですね。

経験で勝負できない場合、次の武器になり得るのが[ スキル ]になります。

ここでいうスキルは、資格であったり、面接で自分の強みとして話せる内容になります。

 

スキルで勝負できない場合に限らず、必ずみなさんが持てる武器は[ 意欲 ]になります。

意欲だけでも内定を勝ち取ることもできますが、当然ながらスキルも持っている方のほうが内定は貰いやすいです。

なので、入社後半年以内の転職をする方にとって、理想的なのは、スキルと意欲の2つで勝負できる求人に応募することです。

 

 

退職理由の伝え方を客観的に考えること

 

入社後半年以内の転職をする場合、面接で必ず聞かれるのが[ 退職理由 ]です。

退職理由で気を付けなければならないのはこちらの2点です

  • 退職理由を主観的に考えないこと
  • 仕事内容のギャップを理由にすること

 

 

退職理由を主観的に考えないこと

退職理由を考えるときは、主観的に考えるのではなく、客観的に考えることが大切です。

たとえば、こんな退職理由だったとします。

退職理由:人間関係

残業を無くすために、朝早くから出勤したり、お昼の時間を割いて仕事をしていた。だけど、それが先輩にとっては迷惑だったらしく、無視や悪口を言われるようになった。

 

一見、主観的に考えれば、転職する方は仕事熱心で、そんな頑張っている人をいじめる先輩が悪者になるかと思います。

ですが、この退職理由を客観的に考えると、朝早くから出勤したり、お昼の時間を使うことは時間外労働になりますので、企業側としては好む理由ではないんですよね。

このように企業側の視点に立つと、マイナスに働いてしまう退職理由もありますので、必ず客観的に考えた上で、退職理由の伝え方を考えましょう。

 

 

仕事内容のギャップを理由にすること

人間関係や病気など、様々な退職理由があるかと思いますが、仕事内容のギャップを理由にする場合は注意が必要です。

というのも、企業側にとっては、自社でも同じようなことがあったらすぐに辞めてしまうと疑問に感じるからです。

求人に掲載されている仕事内容は、たいてい1年後や2年後のある程度の基礎をつけてからのものが多いです。

なので、ほとんどの企業でも、入社してからしばらくは思っていたものとのギャップがありますので、たとえ嘘でも[ 仕事内容のギャップ ]を退職理由にするのは考え直したほうがいいです。

 

 

メンタルを整えること

 

入社後半年以内の転職をする方で、転職を失敗しやすいのは[ メンタルを整えずにずっと転職活動を頑張ってしまう方 ]です。

入社して半年以内で退職を考えている方は、前職もしくは現職のストレスや、転職できるかの不安など、何かしらの精神的にキツイ状況になってことが多いです。

その精神的に弱っている状態では、転職活動(主に面接)に悪影響を与えてしまいますので、まずは、メンタルを整えることが重要になります。

仕事を辞めても2、3ヶ月は生活できる貯金があれば、退職をし、その後1~2ヵ月で転職活動をすることをおすすめします。



 企業によっては、辞めさせないことや給料を支払わないなどの主張をしてくることもありますので、退職できるか不安な方は、退職代行サービスを利用しましょう

東京都労働委員会が認証している退職代行ガーディアンでは、簡単・低価格・確実に退職できるので、退職代行ならこちらが一番安全です

こちらから簡単に申し込みメディア掲載実績多数!【退職代行ガーディアン】

 

 

 

入社後半年以内の転職にリスクがあるのは事実

入社後半年以内の転職にリスクがあるのは事実

 

入社後半年以内に転職をするのであれば、職務経歴書には多少の傷がつくことは確実ですし、ここを不安になる方はとても多いです。

でも、この多少の傷がつくかどうかって、本当に重要なことですか?

どこの大学を出たのかよりも、どんな大手企業にいたのかよりも、どれだけ1社で長く働いたのかよりも、個人の能力を重視してくれるのが現代です。

 

なので、みなさんが考えなければいけないのは、自身のキャリアに多少の傷が入るのかどうかではなく、これからのキャリアや生活をどうやって向上させていくのかということだけです。

成功する人は、ネガティブなことに不安を抱き続けませんし、問題があるならそれをどう解決するのかに時間を費やします。

入社後半年以内で転職をしたい方は、3年働いて身につくものよりも、もっと大事なことをこれから見つけ出すはずです。

ぜひ、職務経歴書につく多少の傷ではなく、これからどうやってこの問題を解決するのかを考えてみてください。

転職活動中に、焦りや不安で悩みそうな方は、こちらの記事を読んでみてください

転職活動での焦りや不安との向き合い方についてまとめてあります

【転職先が決まらない方へ】転職が成功する焦り不安と向き合う3つの方法
【転職先が決まらない方へ】転職が成功する焦り不安と向き合う3つの方法この記事を読めば、転職先が中々決まらない時に、焦りや不安とうまく向き合うことができ、心を楽にしながら行動していくことが出来ます。...

 

 

 

半年以内に退職しても転職はできる!

半年以内に退職しても転職はできる!

 

ということで、ここまで[ 入社後半年以内の転職を成功させる方法 ]についてお話してきました。

入社後半年以内で退職しても、必ず転職はできます。

ですが、その分、努力と対策は必須ですので、しっかりと準備していきましょう。

 

てんた
てんた
最後までお読みいただき、ありがとうございました!