派遣の悩み

50代は派遣の仕事が見つからない【結論:職種を変えるのが解決策】

50代は派遣の仕事が見つからない【結論:職種を変えるのが解決策】

 

毎日お疲れ様です、てんたです。

転職経験×エージェント×転職ブロガーで生きています。

月に1万人以上が訪れる本ブログでは、派遣や転職、仕事に関する記事を投稿しています。

 

さて、本記事ではこんな悩みを解決します。↓↓

ごりー
ごりー
50代になると、派遣の仕事はもうないのかな?厳しいのは分かるけど解決策があれば知りたい。

 

結論からいうと、50代であっても派遣の仕事は見つかります。

 

ただし、ある程度職種が限られてしまうのは避けられない。逆に言えば、職種にさえ拘らなければ可能性はあるということですね。

 

過去に派遣営業として働いた経験からおすすめの職種がありまして、それが、医療業界と介護業界。

ありきたりかもしれませんが、50代の派遣はここが狙い目です。ということで、深堀していきますね。

50代だと派遣の仕事が見つからない理由は3つ

50代だと派遣の仕事が見つからない理由は3つ少しだけ原因をお話してから解決策についてお話しますね。簡潔にお話しますが、解決策だけ読みたい方は飛ばしてもOKです。

  • 派遣先が求めるベストな年齢は30代
  • 未経験の職種にはほぼ受からない
  • 受け入れ先の少なさから派遣営業が見つけようとしない

 

派遣先が求めるベストな年齢は30代

大体どんな職種でも、どんな派遣先でも言われていることですね。何で30代がいいのかというと、こんな理由があります。↓↓

  • 社会人経験がある
  • 派遣の年齢層的には若い方
  • 業務を習得しやすく、業務経験も程よくある可能性アリ

 

特に大きいのが上2つ。社会人経験があるから業務遂行の信頼があるし、定年までまだまだ時間があるということ。

これが当てはまるのが30代であり、派遣先が求めるベストな年齢ですね。

 

未経験の職種にはほぼ受からない

50代になると、未経験の職種にはほぼ受からないです。

 

なぜなら、未経験への転職自体がそもそも20~30代向けの転職だからですね。

40代や50代であれば、経験者やスペシャリストとして、活躍することはもちろん、管理職としての位置付けがほとんどとなっています。

 

また、人それぞれなのは重々承知ですが、記憶力であったり、共感性というものが、年齢を増すごとに評価が悪いところからスタートしてしまうのは悲しい事実です。

 

ただ、これも職種によってはそもそもの基準年齢が高いこともあるので、このあとおすすめする職種を検討して貰えたらと思います。

 

受け入れ先の少なさから派遣営業が探してくれない

最後の1つが派遣営業の努力姿勢に関すること。

 

派遣会社によって力を入れている業界があったりしますが、その業界が20、30代を積極的に採用するところなら、派遣営業が探したとしてもみなさんにご紹介できるまでにはかなり時間がかかります。

 

50代を歓迎するところはかなりレアなので充足している可能性が高いですし、空きが出てもすぐに埋まってしまうなんてことはよくある話。

 

派遣営業はスタッフの就業先を探す義務があるので、もちろん何社かはアプローチしますが、あまり深く探しても見つからないというのが正直なところです。

 

50代におすすめの派遣の職種2つ

50代におすすめの派遣の職種2つお待たせしました。上記で解説した原因を避けやすいおすすめの職種がこちらです。↓↓

  • 看護助手
  • 介護ヘルパー

 

女性なら看護助手が一番の狙い目です

上記の通りで、女性ならかなりおすすめの職種ですね。特に資格も必要ないですし、未経験でも始められるお仕事になります。

 

具体的にはこんなお仕事内容。↓↓

  • 身体介助(体位交換、食事、トイレの介助)
  • 患者さんやベットの搬送
  • 環境整備(お掃除、物品管理、ベットメイキング)

 

身体介助に関しては、病院によってしなくてもいい場合がありまして、ただ、これをできるようになると時給は1400~1500円くらいは余裕で貰えますね。

 

時給に関しては派遣会社や病院などの派遣先によりけりですが、未経験でも始めやすく、50代でも就業しやすい割には、かなり高めの時給設定になっているかなと思いますね。

 

現状でいえば、感染症の不安がある方は多いかと思いますが、陽性が出やすいのは圧倒的に看護師なので、補佐業務が多い看護助手はあまりそういう事例はないです。

そもそも、病院内はアルコール消毒を徹底していますので、どこか一般企業で働くよりかは清潔かなとは思いますね。一旦まとめるとこちら。↓↓

 

看護助手がおすすめの理由

  • 年齢幅が30~60代が多く、50代でも仕事を見つけやすい
  • 未経験でも始めやすい職種
  • 時給設定が高く、人不足なので安定しやすい

 

男性なら派遣の介護ヘルパーは受かりやすい

似たような職種になりますが、やっぱり医療介護業界は仕事を見つけやすいです。

ただ、看護助手は基本的に女性が行うので、男性であれば介護ヘルパーのお仕事がいいかなと思います。

 

介護ヘルパーの具体的なお仕事内容はこちら。↓↓

  • 身体介助(体位交換、食事、トイレの介助)
  • レクリエーションの準備、実施
  • 送迎

 

基本的には身体介助とレクリエーションが主な業務になってきまして、ここが可能であればお仕事先を見つけるのは難しくない。

 

時給も1400円以上のところがほとんどですし、業務に慣れて資格を取れば、50代からでも給料を上げることができます。

こちらも人不足は変わらないので、比較的に仕事は見つけやすく、安定して働くことができます。

 

ただ、誰でも受かるなんてことはありません。

  • 職歴や志望動機の伝え方
  • 面接時の接遇

 

上記のようなことは絶対に対策しておくべきですし、逆に誰でも対策できることなので、人柄面で良い評価がされるよう、ささっと対策してみましょう!

 

医療・介護でおすすめの派遣会社2つ

医療・介護でおすすめの派遣会社2つ
  • テンプスタッフ:看護助手案件が多く、女性に特化した派遣会社
  • レバレージ:介護専門の派遣会社なので母数が多い

上記がおすすめの派遣会社2つでして、最後にここをお話して終わりますね。

もう少しだけお付き合いください!

 

看護助手案件が多く、女性に特化した派遣会社

テンプスタッフの特徴はこちら。↓↓

  • 派遣会社としてかなりの大手
  • 医療介護系の求人が多い
  • 女性に特化した派遣会社
  • スタッフ満足度が高い

 

派遣で働こうと考えたことがある方は、もしかしたら何度か見たことがあるかもしれませんね。

そのくらい、テンプスタッフは派遣会社として大手のポジティブにいます。

 

テンプスタッフの凄さは、毎年発表される派遣会社における、スタッフ満足度ランキングで上位にランクインしていること。

 

2019年の総合満足度ランキングでは1位を獲得し、同年の継続就業意向度ランキングでは4位となっています。

継続就業意向度ランキングというのは、現在の契約が終了しても、引き続き同じ派遣会社で働きたいかどうかの調査です。

 

もちろん、派遣営業も同じ人間ですので、性格が合わない人や印象が悪い人もいます。それはどの派遣会社も同じですね。

 

ただ、その中でも正式に出されているランキングで上位にいるということは、みなさんにおすすめするには十分な根拠かなと思いますし、

とりあえず、仕事先があるのかどうか、話を聴いてみたらいいかなと思いますね。

スタッフ満足度の高さが特徴のテンプスタッフはこちらから

 

医療介護専門だからこそ求人母数が多い

次におすすめするのがレバレジーズのきらケア派遣。おすすめする理由はこちら。↓↓

  • 医療介護に特化し、公開求人2万件超え+非公開良求人
  • 無資格、未経験でも就業しやすい
  • 派遣会社では珍しい給料前払い制度あり
  • 時給1,700円以上の案件多数

 

医療介護に特化されている分、案件数は他社よりも多いですし、その中でも無資格未経験者から始めている方がほとんど。

 

福利厚生が整っていて、時給も平均的に高めの設定になっているので、働きやすい条件かなと思いますね。

 

最近、医療介護業界の人手不足に付け込んで、業界外の企業が参入してきている傾向があります。

こういう企業は知識不足かつ不慣れなので、働いてみたら話と全然違うじゃん!なんてことがよくある。

 

人手不足な業界こそ、そこに特化した会社を使ったほうが絶対に良いです。

働く前に職場見学もできるので、まずはどんな求人があるのか、話を聴きにいってみると良いかなと思いますよ。

医療介護専門のきらケアはこちらから

てんた
てんた
最後までお読みいただき、ありがとうございました!