派遣の悩み

派遣社員は40代未経験だと厳しいのか解説【結論:職種選びが重要】

40s-dispatch-choose-job

 

毎日お疲れ様です、てんたです。

本業でエージェント、複業で転職ブロガーをしています。

月に1万人以上が訪れる本ブログでは、転職や派遣に関する記事を投稿しています。

 

さて、本記事は、こんな悩みを抱えている方に向けた記事となっています。↓↓

ごりー
ごりー
派遣の仕事をしてみたいけど、40代だと年齢的に難しいのかな?

 

派遣社員への転職は、正社員になろうとするよりもハードルは低めです。

 

ただ、ネットでは40代だと派遣社員になるのは厳しいという意見が多いですね。

確かに、40代で未経験の仕事に就こうというのは、正社員でも派遣社員でも難しい。

特に、資格が重要視されていたり、ワーカーの平均年齢層が低いとその傾向が強いです。

 

じゃあ、どうすればいいのか。

結論をいいますと、40代未経験でも需要のある職種を選ぶことが大切です。

 

派遣で40代の方にお勧めの職種について解説

派遣で40代の方にお勧めの職種について解説

早速、結論からお話していきますね。

40代の方におススメしたいのが医療系の2つの職種です。

働きやすさ・安定性を重視した上で選出しています。↓↓

  • 看護助手
  • リネン管理

 

看護助手はめちゃくちゃ狙い目です【女性必見】

看護師ではなく、看護助手ということがポイント!

つまり、資格なしで看護業務に携われるよってことですね。

看護師に憧れを持っていた方でも、意外と知らない人が多い職種になります。

 

看護助手をなぜおススメするのかというと、就業のしやすさと安定して働けることが理由。

 

資格は必要ありませんし、未経験から始める方も多く、年齢層も30代~60代と幅広く、男性も2割くらいは働いています。

40代から始めるとしても、全く不利にならない職種の1つですね。

 

具体的な仕事内容はこんな感じ。↓↓

  • ナースステーションの整備
  • 医療器具の清掃
  • 医療品の補充、整理
  • 身体介助、生活介助

 

どれも未経験からでも始められる業務ばかりですし、

 

単純な作業が好きな方はリネン管理がおすすめ

リネン管理というのは、病院内で使用しているタオルやパジャマ等の回収、介護用品の補充などを行う職種です。

 

動いていることが多く、重いものを多少持つこともありますが、慣れればこなすのは簡単な単純作業が多いですね。

運動不足の解消だと思えば丁度いいくらい。(笑)

 

年齢層としては、40代~60代が多めになっていて、未経験で始める方が9割くらいです。

始めやすくて、続けやすいのが特徴ですが、デメリットがあるとすれば時給は少し低めってことですかね。

 

安定性という意味では、かなりメリットな職種ですので、興味がある方はぜひ求人をチェックしてみてください。

 

医療系は感染症的にも意外と安全です

さて、ここまで医療系の職種を2つご紹介しましたが、みなさんには大きな懸念があるんじゃないかなって思うんです。

 

それは、感染症のこと。医療現場で働くことには、この不安が大きいはずです。

ただ、結論からいえば、ご紹介した2つの職種であれば、大きな不安は必要ないかなと思います。

 

理由は2つです。↓↓

  • コロナ感染の疑いがある患者さんには正看護師が対応するから
  • 一般企業よりもアルコール消毒をこまめにしているから

 

医療業界の中では、病院のほうが安全と言い切る方も多いんですよ。

特に派遣の場合は、医療行為をすることはないですし、一般企業よりも病院の感染防止意識のほうが遥かに高いですからね。

 

なので、派遣先が中々紹介して貰えないという方は、チャレンジしてみる価値ありです。

 

面接で気を付けたほうが良いことを解説

派遣で40代の方にお勧めの職種について解説

今回ご紹介した職種であれば、かなりの確率で派遣先を見つけることができます。

でも、中にはその可能性を簡単なミスで棒に振ってしまう人もいるわけで。

そうならない為に、いくつか対策を解説して終わりたいと思います。

 

人間性のアピールは欠かせません

人間性や考え方は育った環境で決まる部分が多いので、対策というのは難しい部分もあります。

 

でも、即興で意識するだけでも大きな差が出ることもあるんですよね。

なので、面接時に、具体的に行ってほしいのがこちらの3つ。↓↓

  1. 元気よく対応する
  2. 目を見て聴く、話す
  3. 話すことは準備しておく

 

1と2に関しては、正直意識すれば誰でも改善できるはずです。

なので、ここでは説明を割愛させてもらいますね。

 

それよりも大切なのが、話す内容を整理しておくこと。

 

話に一貫性がなかったり、思いつきだけで話していると、面接官からの印象が悪くなり派遣先を紹介して貰えないことも。

なので、まずは、どんなことを面接で聴かれるのかを知るところから始めてみましょう。

 

具体的には、以下の3つです。↓↓

  • 職歴
  • 志望動機
  • 業務内容の理解度

 

詳しくは、こちらの記事で解説していますので、ぜひ合わせて読んでみてくださいね。↓↓

転職の面接の流れを理解しておけば、面接で回答に詰まるシーンをかなり減らすことができます。

面接の流れは、大体3つの要素で構成されていて、 これを押さえておけば、基本的に通過可です。

本記事では、その3つの流れと対策についてまとめています。

転職の面接で詰まる人へ面接の流れを解説します【たった3つが重要】
転職の面接で詰まる人へ面接の流れを解説します【たった3つが重要】 毎日お疲れ様です、てんたです。 転職経験×エージェント×転職ブロガーで生きています。 月に1万人以上が訪れる本ブログ...

 

今のうちに枠を勝ち取りましょう

感染症の影響で、異業種から医療業界に転職している方は結構います。

働き始めるまでのハードルもそこまで高くない為、はやく行動しておくことが重要になってきます。

 

それに加えて、もう1つ大切なことがあります。

それは、1つだけの派遣エージェントに頼らないということ。

 

応募した派遣先にご紹介できない場合、次の話にいくまでの時間がかかってしまうのも派遣の特徴です。

なので、少なくとも2社は活用しておくと時間のロスを最小限に抑えることができます。

 

おすすめの派遣会社

おすすめの派遣会社についてまとめた記事はこちら

 

てんた
てんた
最後までお読みいただき、ありがとうございました!