自己分析の悩み

【30代の転職はあり?】30代からの転職で失敗しないために意識する3つのこと

【30代の転職はあり?】30代からの転職で失敗しないために意識する3つのこと

 

  • 30代からでも転職できる?
  • 30代からの転職で失敗しないようにするにはどうしたらいい?

こんな悩みを解決します

 

 

30代からの転職で多い転職理由は、会社の将来性や業務内容に不安を感じること。

 

転職者さん
転職者さん
ある程度キャリアを積んできたけど、本当にこれからも今の会社に居続けていいものか・・・。
転職者さん
転職者さん
もっとキャリアアップしていきたいんだよな~

 

こういった動機で転職をすることが多いのが30代の転職です!

実際にtype転職エージェントさんの調べでも「業務内容」や「キャリアアップ」で転職を考える人が多く、20代で最も多い転職理由である「人間関係」が最も低い結果になっているんですよね。

てんた
てんた
じゃあ、そんな30代の転職はどのくらい難しいのかご存知ですか?

 

 

ズバリ言いますと、20代の転職活動よりも確実に大変です!

若年層の早期キャリア形成のためであったり、より即戦力を求められるなどがその理由です。

20代の転職活動よりも厳しくなるのを既に知っていた方にとってはもう知りたくない事実かもしれませんが、そこはもう仕方がない。

 

確かに20代の転職活動よりも厳しくはなります。求人に応募しても中々受からないということもあるかと思います。

じゃあ、そんな30代の転職活動をどうすれば乗り切れるのかってことですよね。

 

ということで、本記事では【30代の転職はあり?】30代からの転職で失敗しないために意識する3つのこと!についてお話していきます!

 

てんた
てんた
最後までどうぞお付き合いくださいね!

 

 

 

30代の転職で意識すること ①未経験は厳しい

未経験は厳しい

 

てんた
てんた
30代の転職を失敗しないようにするには、まず、未経験の領域は厳しいと知ることが大切です!

 

まず、未経験の領域・分野は厳しいと知ること!

 

20代の転職活動と比較して最も難しくなるのが未経験の領域への転職!

何で難しくなるのかというと、企業側が年代に求めていることが違うからですよね。

20代:「将来性が武器の為、未経験であろうと入社後に指導をすれば問題ない!」

30代:「今まで培った経験やスキルを活かしてくれるような即戦力を求める!」

 

企業側がこの2つの年代に求めていることは確実に異なっていることが多い!

もちろん、「35歳まで」のような条件をつけている未経験募集の求人もありますけど、その数は結構少ないんです。

なので、基本的なことではありますが、この企業側のニーズを意識しておかないと転職活動プランが伸びてしまったり、ゴールが定まらなくなってしまうので注意しておきましょう!

 

てんた
てんた
それを理解した上で、未経験の分野への転職も考えましょう!

たとえば、職種は同じでも、業界を大きく変えれば全く違うスキルや経験が求められることもあります。

そうなった場合は、同じ職種経験者だとしても「未経験」としてカウントしてくる企業も!

 

なので、自分は経験ありだと思っていても企業側としては未経験扱いしてくることが意外とあるので、より重要となってくるのは活かせるスキルです!

てんた
てんた
ということで、次のチャプターへゴー!

 

 

 

30代の転職で意識すること ②経験をどうアピールするかで変わる

経験をどうアピールするかで変わる

 

てんた
てんた
30代の転職でカギになるのは経験をどうアピールするか!

 

先程、転職活動において30代は「今まで培った経験やスキルを活かしてくれるような即戦力」ということをお伝えしましたよね。

企業側がみなさんを評価するのはまさにそこなわけです!

つまり、みなさんが企業の即戦力になれるだけのスキル・経験・実績を持っているのかどうかということ!

 

転職者さん
転職者さん
ん?これって20代でも大事なことじゃないの??

って思われる方いますよね!その通りです!

ですが、30代になればさらにその傾向は強まります!

 

スキル・経験・実績、これらは30代の転職を失敗させないためにとても重要。

そして、大事なのはそれらをどうアピールするかということ。

具体的に言えば次の3つの事を意識してください!

 

アピールの仕方

  1. 企業ニーズに合っているスキル・経験・実績を伝えること
  2. 具体的な数字でスキル・経験・実績を伝えること
  3. 結論からスキル・経験・実績を伝えること

 

企業ニーズに合っているというのは先程説明した通りです!

具体的な数字でというのは、営業であるならば契約件数や売上比率や額などを比較対象を出しながら伝えましょう!

そして、必ず結論から伝えること。就活生の頃を思い出すかもしれませんが最初に「私が御社で活かせるスキル・経験・実績は○○です!」と伝えましょう!

 

転職者さん
転職者さん
○○という問題があったため、○○を解決するために□□という解決策を提案し、△△の成果を出すことができました。

このように順序立てて細かく伝えることができれば、企業側から「入社後の活躍を期待できる」と思わせることができます。

このように自分自身のスキル・経験・実績をどのように伝えるかが30代の転職ではより重要になってくることを覚えておいてくださいね!

30代に特化したリクルートネクストはこちらから→30代向けLP

 

 

30代の転職で意識すること ③キャリアリセットしてまで転職する動機

キャリアリセットしてまで転職する動機

 

てんた
てんた
最後に意識してほしいのが「キャリアリセットしてまで転職する動機」についてです!

 

30代の転職はいわば「安定を失う」可能性が高いということ。

 

既に結婚して家庭を持っていたり、結婚予定の男性であれば尚更勇気のいることですし、女性側からしても中々怖いですよね。

一歩間違えればせっかく築いてきたキャリアを捨てることになるかもしれない。

そんな「安定を失う」という恐怖が30代の転職にはあるんですよね。

 

てんた
てんた
じゃあ、そこまでのリスクを取ってまで転職したい理由って何でしょう??

その企業の将来性が不安だからですか??

年収の上がり幅が制限されていて、満足できないからですか??

仕事の業務内容に飽きたからでしょうか??

いまの家族、もしくはこれからの家族のためですか??

 

人それぞれに理由があると思いますし、どの理由も人によって重さが異なります。

なので、一概に「○○の理由ならやめておけ!」とは言いません。

ただ、確固たる転職する動機がないのなら辞めておいた方がいいと思います。

 

確固たる動機がなければ30代の転職活動は尚更失敗しやすくなります。

それだけはハッキリと言っておきます。

てんた
てんた
転職活動を始める前に根本的に大事な転職への動機をしっかりと意識しておいてくださいね。

 

 

 

まとめ

 

ということで、ここまで【30代の転職はあり?】30代からの転職で失敗しないために意識する3つのこと!についてお話してきました。

 

企業側が30代の転職者さんに求めるニーズを理解して、スキル・経験・実績の3つのアピールの仕方を実践していきましょう!

みなさんの転職活動が上手くいきますように!

 

てんた
てんた
最後までお読みいただき、ありがとうございました!