求人探しの悩み

【挽回可能です】30代の転職で中々受からないときの対処法を解説

【挽回可能です】30代の転職で中々受からないときの対処法を解説

 

今日もお疲れ様です、てんたです。

ササっと自己紹介をさせてもらいますと、本業で正社員や派遣のエージェント業務をしながら、複業で月に1万人以上が訪れる転職ブログを運営しています!

 

さて、本記事ではこんな悩みを解決します。↓↓

ごりー
ごりー
30代の転職ってやっぱり難しい…。受からない現状をどうしたら変えられるの…?

 

結論からいうと、30代の転職で中々受からなくても挽回は可能です。

30代になると転職が難しくなるという声もありますけど、30代でも受かっている人は確実に多数いるので、受かっている人の要素に近づくことが一番の近道かなと!

 

ということで、まずは「30代で転職が上手くいく人の特徴」を解説して、そこから対処法をお話していきます!

3分ほどで読み終わるかなと思います!

30代で転職が上手くいく人の特徴

30代で転職が上手くいく人の特徴日頃からエージェント業務に携わる中で、30代で転職が上手くいく人の特徴は下記の通りかなと思います。↓↓

  • 経験を活かして同職種に転職している
  • 人柄面の評価がずば抜けて良い

 

経験を活かして同職種へ転職している

まずは、30代で転職を成功させている人で圧倒的に多いのが「前職までの経験を活かして同職種へ転職している」パターンですね。

正直、このパターンで転職活動をしていて、ずっと受からないで苦戦しているという人は滅多にいませんし、いるとしたら人間性にかなり問題があるのかなと思います。

 

なんで前職までの経験を活かして同職種へ転職すれば受かりやすいのかというと、「30代で採用するならある程度知識が身に付いていて、即戦力として成果を出せる人だけ」という考えが転職市場にはあるからですね!

30代なのに上記の人材像に当てはまらないなら、中途採用じゃなくて新卒で若い20代を採用した方が良いよねってなるわけです。

 

業界は違っても良いから、その職種の知識や法律をしっかり理解していて、ある程度の実績と経験値があれば良い評価はされやすい。

あとは面接スキルを磨いておいて、人柄面で良いアピールが少しでも出来ればパパっと転職できちゃいます!

 

ちなみに、「じゃあ、未経験職種にはもうチャレンジできないの?」って思うかもですが、不可能ではないですけど、かなり苦行になる可能性が高いかなというのが正直な感想ですね。

基本的に未経験の人材を採用する場合は若い方が圧倒的に良いので、そこを30代でも採用するとしたら、何かしらの人手不足が解決しない重たい問題があるのかもしれません。

 

残業は当たり前、休みは中々取れない、それゆえに人の出入りが激しいとかはあるあるかなと思うので、30代からの未経験職種への転職は慎重に進めた方が良いかなと思いますね。

 

人柄面の評価がずば抜けて良い

30代に限定して言えることでもないですけど、転職が上手くいく人の特徴として「人柄面の評価がずば抜けて良い」パターンがあります。

正直、人柄面で高評価して貰えれば、10社受ければ少なくとも3社くらいからは何かしらの良い答えが貰えちゃうんですよね。

 

じゃあ、人柄面の評価ってどんな要素があるのかというと、主に下記の通りです。↓↓

  • 社会人マナーの良し悪し
  • コミュニケーション能力
  • 努力できるセンスがあるか

 

まずは、基本的な社会人マナーが良くないと、「社会人マナーが悪い人」というフィルター越しに見られてしまうので、その後のアピールが良かったとしても採用される可能性は低くなってしまいます。

それに加えて大切なのが「コミュニケーション能力があるかどうか」ですね!

 

コミュニケーション能力ってめちゃくちゃ重要でして、要は会話のキャッチボールがしっかりできるのかどうかってことなんです。

決して女性とデートしたときに笑わせることができるとか、楽しませることができるとかではないので、安心して下さい!(笑)

 

面接官の話を聴いて、それに対して質問や反応ができて、自分の考えもしっかり伝えることができる。これがコミュニケーション能力ですね。

新卒の時の面接とは違って、わざわざ「貴方の長所と短所は何ですか?」とかって聞いてくれないので、自分から会話の中で上手く伝えていくしかないんです。

 

どんな職種でもコミュニケーション能力はあったほうが有利になるので、ここはしっかり準備しておいたほうがいいかなと思います!

そして、最後の1つが「努力できるセンスがあるか」ですね。

 

多少雰囲気がおとなしかったり、コミュニケーション能力がイマイチであったとしても、「あ、この人はこれだけ厳しい環境にいたのに努力して働き続けれたんだ」みたいな努力面での評価があれば、意外と採用して貰えます。

真面目さのアピールともいえますけど、努力し続けられる人ってかなり少ないので、そういう部分を面接時に過去の職歴などを使ってチラッとアピールできると良いですね。

 

結論:30代だから受かりにくいは間違いです

一旦まとめますと、30代でも転職が上手くいく人の特徴は下記の通りです!

  • 経験を活かして同職種に転職している
  • 人柄面の評価がずば抜けて良い

 

20代と30代の転職を比較すれば、確かに30代のほうが転職は難しくなる傾向にありますけど、それは基本的に未経験職種への転職の場合が多いですね。

あとは年収がどうしても20代の人よりかは高くなってしまうので、そこを懸念されやすいですが、ある程度歩み寄りすれば受からないことはないかなと思いますね。

 

30代だから受からないとかないので、あまりネガティブにならずに、転職活動が終わるまではポジティブに頑張りましょう!

みなさんの条件と状況がどんなかは分かりませんが、最後に対処法をお話して終わりますので、もう少しだけお付き合いくださいね!

 

30代の転職で受からないときの対処法

30代の転職で受からないときの対処法人それぞれ改善点はあるかなと思いますが、30代の転職で苦戦しているほとんどの人に共通して言えるのが下記のことかなと思います。↓↓

  • 転職する職種を見直そう
  • 好かれる人材になること

 

転職する職種を見直そう

転職で上手くいく人の特徴にある通り、応募する職種はこれまで経験してきた職種に近い方が企業側としても成果が期待しやすいので高評価をされやすいです。

業界は違っても構わないので、営業だとか、人材系だとか、介助経験を活かせる介助系の仕事だとかですね。

 

これまでに応募していた職種が経験ある職種でなかったのなら、少しでもそれに近ければ受かりやすくなるかなと思います。

だけど、どうしても未経験に転職したいなら、ひたすら面接上手になることをおすすめします。

 

基本的に未経験歓迎の案件というのは、社会人マナーができているかとか、人柄面で高評価できる人材なのかっていうのが判断基準になりますので、それを上手くアピールできるように面接は数をこなして上手くなっておくと良いかなと思います。

ただし、年収が上がるとか、めちゃくちゃ労働環境整っているとかは期待しづらいので、ある程度覚悟しておかないといけないかなとは思いますね。

 

好かれる人材になること

30代で転職するとなると、年上の上司がいることは勿論、年下の上司もしくは同僚がいることがほとんどですので、「誰からも好かれる人材になること」は意外と重要になってきます。

要は、上司にはもちろん、年下からも好かれるようになる、一緒に働きたいと思われる人材であるかどうかってことですね。

 

これって人柄の部分なので、思いっきり修正するのは難しいんですけど、基本的に下記のことができていれば問題ないかなとは思います。↓↓

  • 素直であること
  • 面接中に笑顔を出せること
  • コミュニケーションが取れること

 

おそらく、どれもこれもそんなに難しいことではないと思うので、回数を重ねて少しずつでも表現できるようにしてもらえたらなと思います。

 

まとめ:苦戦していても挽回可能です

年齢を重ねるごとに転職のハードルは上がっていったり、選択できる職種も限られてくるので、重圧もあるかなと思います。

だけど、いま苦戦していても、改善点を見つけて、しっかり修正していけば必ず挽回は可能です。

 

転職する職種を修正するなり、面接対策を修正するなり、やれることは絶対にあるはずですからね。

上手くいかないときは、妥協してしまってブラック企業に捕まってしまうとかあるあるなので、それだけはしないように気をつけましょう!

 

関連のおすすめ記事

スカウトメールが期待できない理由を解説した記事はこちら

求人探しのコツについてまとめた記事がこちら

 

てんた
てんた
最後までお読みいただき、ありがとうございました!