仕事の悩み

【2020年の年収の考え方】年収が低い仕事をやめたい人が知るべきこと

【2020年の年収の考え方】年収が低い仕事をやめたい人が知るべきこと

 

年収は低いし、仕事内容もつまらない現職をやめたい。

年収を上げるにはどうしたらいいのかな?

 

てんた
てんた
こんな悩みを解決します↑↑

 

 

本記事の結論

  • 個人で稼ぐ時代はもう中盤になっている
  • 短期的に年収を上げたいなら転職をするべき
  • 長期的に年収を上げたいなら個人でも稼げるようにするべき

 

結論をいえば、短期的に年収を上げたいなら転職をするべきですし、長期的に年収を上げたいなら個人でも稼げるようにするべきです。

 

実際に、僕は短期的に年収を上げることに関しては、既に前職と比較して400万円UPしているので、これは実現できています。

また、長期的に年収を上げる方法としても、本ブログであったり、個人的な活動で着々と収入を上げています。

どちらにせよ、年収を上げるためには、いまから行動を始める必要がありますし、2020年以降の年収の考え方も意識していかなければいけません。

 

本記事は、年収を上げるにはどうしたらいいのかと悩みを抱えている方に向けた記事です。

最後までぜひ読んでみてくださいね。

 

 

 

年収が低い仕事をやめたい人が知るべきこと

年収が低い仕事をやめたい人が知るべきこと

 

年収が低い仕事をやめたい方が知っておくべきことがこちらです。↓↓

  • 短期的に年収を上げたいなら転職をするべき
  • 長期的に年収を上げたいなら個人で稼げるようにするべき

 

 

短期的に年収を上げたいなら転職をするべき

 

まず、短期的に年収を上げたいのなら転職が1番ということについて解説していきます。

短期的に年収を上げる方法として、転職を勧める理由は3つあります。↓↓

  • 複業は長期的な戦略
  • 現在、年収が低い職種や業界にいる
  • 急に独立はリスク大

 

 

複業でも年収を上げられるけど時間がかかるから

 

年収を上げる方法として、複業も1つの手段です。

だけど、年収を上げるために複業に頼って行動してみると、大体の人ががっくりします。

なぜなら、複業で年収を上げるには相当な時間がかかるからです。

 

たとえば、ブログでもYouTuberでも、既にライティングスキルやSEOの知識、動画編集の経験があれば、1年以内に月10万円を超える収入UPが望めるかと思います。

ですが、そのようなスキルがなく、また作業時間も確保できない場合は、2~3年以上の時間がかかってしまいます。

大半の人が2~3年間の努力の継続が出来ずに終わってしまいます。

 

年収が低いことに悔しい思いを感じている人ほど、短期的に結果を出そうと複業を始めますが、それは間違いです。

短期的に年収を上げたいなら転職で上げる方がもっと簡単です。

 

 

年収が低い職種や業界にいる可能性があるから

 

もし、現職が、年収の限度が低い職種や業界であれば、転職をすれば短期的に年収UPする可能性があります。

たとえば、年収の低い職種や業界はこちらです。↓↓

職種:事務、製造、総務、販売など

業界:サービス、飲食、宿泊、福祉など

 

年収が低い職種や業界というのは、ある程度のキャリアを積んでも手取りで20万円ギリギリだったり、年収の上限が400~500万円ほどのところを指します。

上記の職種や業界は、年収の上限が低く、毎月の給料額も上がりづらいです。

なので、上記の職種や業界で働いている方は、将来性を考えて転職をするべきです。

 

 

急に独立はリスクが大きすぎるから

 

キャリアアップをしていきながら、いずれ独立するのは理想的な流れですが、短期的に年収を上げようとして、独立をするのはリスクが大きすぎます。

あまりこのケースに当てはまる方はいないと思いますが、たとえば、複業であっても、始めは本業と両立しながらが確実です。

大学生の頃から複業を始めている方は別ですが、社会人から複業を始める方は本業で結果を出しながら進めていく流れが理想的です。

 

年収が低いことで悔しい気持ちがあるかもしれませんが、焦って近道をしようとするのはやめておきましょう。

 

 

結論:短期的に年収を上げるなら転職が最適

 

以上の3つのことを踏まえると、短期的に年収を上げるなら転職が最適だといえます。

成功するか不確かな努力を2~3年続ける複業よりも、転職の方が年収が低い問題を解決しやすいです。

実際に、僕は転職をすることで、前職よりも400万円UPの年収を手に入れることができていますし、この転職にかかった期間はわずか3ヵ月ほどです。

 

 

既に、2020年の下半期の転職に向けた準備は始まっています。

これから転職をしていこうと思うのなら、まずはこちらの3つのことをしていきましょう。

  1. 転職についての理解を深める
  2. 自己分析をしておく
  3. 転職サイトで求人をチェックしておく

 

転職についての理解を深める

特に、転職初心者の方は、転職について不安なことが多いかと思います。

なので、まずは、転職についての基礎知識を頭に入れておきましょう。

これからどうしていくべきなのか、エージェントを活用するべきなのかなど、転職に役立つ情報をまとめた記事がこちらですので、ぜひ読んでみてください。

転職初心者はどうするべき?【転職初心者のための転職マニュアル】
転職初心者はどうするべき?【転職初心者のための転職マニュアル】この記事を読めば、転職活動は何のために行うのか、転職活動で必要な準備や転職エージェントについてなど、転職に役立つ情報を知ることができます。...

 

自己分析をしておく

転職で重要な準備の1つが自己分析です。

これを明確に答えられるようにしておけば、面接で何か聞かれても問題ないですし、転職後の理想とのミスマッチを防ぐこともできます。

自己分析については、こちらの記事を読んでおきましょう。

転職の自己分析で悪いところしかないから辛い【簡単に出来る分析方法】
転職の自己分析で悪いところしかないから辛い【簡単に出来る分析方法】本記事を読めば、自己分析で悪いところしか出てこない人でも簡単に分析ができ、早期再転職のリスクを減らせます。自己分析が苦手・よく分からない人は必読です。...

 

転職サイトで求人をチェックしておく

実際に、転職サイトで求人をチェックしておくと、転職後のイメージが湧き、モチベーションを上げることができます。

また、自分が興味のある職種があれば、大体の求められる条件や待遇について理解できますので、応募はまだしなくても、転職サイトに登録して求人をチェックしておくと良いです。



まだリクナビNEXTに登録していない方は、必ず登録しておきましょう。

なぜかというと、リクナビNEXTは他社よりも圧倒的に求人数が多いからです。

リクナビNEXTは、他の転職サイトと併用しながらも、入れておくべき転職サイトです。

こちらから簡単に登録→リクナビNEXT

 

 

 

2020年以降の年収の考え方

2020年以降の年収の考え方

 

2020年以降の年収の考え方は、より個人で稼げるかどうかが重要になってきます。

本業だけではなく、複業を含めて、個人をブランド化していくことが必要です。

 

 

個人で稼ぐ時代はもう中盤です

 

僕も偉そうに言えることではないですが、個人で稼ぐ時代はもう中盤に差し掛かっています。

なんで中盤に来ているのかというと、既に複業という言葉が十分に認知され、成果を出している方が増えたからです。

始めた人が勝つ時代はもう終わっていて、これからは競争率が高い中で、どのようにして飛び抜けるのかを考えていく必要があるんです。

 

ですが、いまから始めても無理というわけではないです。

難易度が高いということだけあって、多くの方が参入してきますが、継続できるのはほんの一握りの人だけです。

年収が低い不安を転職で短期的に解決しつつ、長期的な視点でも動いておくと、これから数年後の未来が大きく変わります。

 

 

長期的に年収を上げたいのなら個人で稼げるようにしておくこと

 

年収が低いことで、将来性を不安に感じているのなら、長期的に年収を上げるために個人で稼げるようにしておきましょう。

これに関しては、短期的に成果を出そうとすると、逆にメンタルが崩壊してしまいますので要注意です。

毎日コツコツと努力を続けて、2年後くらいに誇れるような成果が出ると思ってください。

 

その長期的計画を支えるためにも、まずは、短期的な解決方法として、年収が高い企業へ転職をしてみましょう。

 

 

年収の交渉が不安な方はエージェントを活用しておこう

 

せっかく、転職活動をしても、年収の交渉がうまくいかなければ意味がありませんよね。

お金のことですので、いざ企業側を目の前にすれば、中々主張できないこともあるかと思います。

なので、年収の交渉が不安に思う方は、転職エージェントを活用してみてください。

 

エージェントが企業と年収の交渉をしてくれますし、転職サイトには載っていない求人に応募することもできるので、お得なことは多いです。

ただし、転職エージェント会社によっては、評判と真逆の口コミがほとんどのところもありますでの、慎重に選んだ方が良いです。

下記にその中でもおすすめの転職エージェントを紹介しておきますので、参考にどうぞ

 



リクルートエージェント

年収の交渉力を重視するならリクルートエージェントが一番です。

営業力の高いエージェントが多く、非公開求人数が多いことが特徴になります。

気になる方はこちらから詳細をチェック→【リクルートエージェント】

 




マイナビジョブ20’s

ちょっと大人しめの転職エージェントにしたい方はマイナビジョブ20’sがおすすめです。

ヒアリング能力が高いエージェントが多く、面談よりも相談に近いことが特徴になります。

気になる方はこちらから詳細をチェック→マイナビジョブ20’sで相談

 

 

年収が低い悩みを解決しよう!

 

ということで、ここまで年収が低い仕事をやめたい人が知るべきことについてお話してきました。

年収が低いことで悩んでいる原因は人さまざまです。

 

年収が低いことを彼女に指摘されたり、結婚を意識して将来性を考えたり、仕事へのモチベーションがなくなったり。

ですが、原因がどうであれ、解決方法はあります。

あとは、みなさんが行動していくかどうかです。

 

何か悩みがありましたら、いつでも相談に乗りますので、Twitterのほうへメッセージを送ってくださいね。

 

てんた
てんた
最後までお読みいただき、ありがとうございました!