仕事の悩み

医療業界で働き続けるか不安【退職を決める前に知ってほしいこと3つ】

医療業界で働き続けるか不安【退職を決める前に知ってほしいこと3つ】

 

毎日お疲れ様です、てんたです。

転職経験×エージェント×転職ブロガーでやっています。

転職や派遣、生き方等の情報を発信して2年目になりました。

 

さて、本記事では、こんな悩みを解決します。↓↓

ごりー
ごりー
医療業界で働き続けられるか不安。

退職したいけど、転職するべきか迷っている。

 

感染症のせいで、ほとんどの医療従事者が疲弊しきっているかと思います。

医療業界を辞めて転職を検討している方に向けて、3つの知ってほしいことについてお話していきます。

退職を決める前に知ってほしいこと3つ

退職を決める前に知ってほしいこと3つ
  • 感染が終息後に転職予定の人が多い【雇用の安定性】
  • 医療業界からの転職は年齢が重要【転職の可能性】
  • 身体が壊れたら終わり【一番重要】

上記の通りですね。

 

感染が終息後に転職予定の人が多い【雇用の安定性】

自分以外の人はどうしているんだろうって気になる方もいますよね。結論からいうと、感染が終息後に転職し始めようと考えている人が多いです。

 

理由は主に下記の3つです。↓↓

  • 世の中の状況的に転職できるのか不安だから
  • 過酷だけど需要が尽きないため
  • 医療現場を見捨てられないから

 

確かに、感染が終息したら転職のサイクルも激しく回っていくと思います。それはつまり、競争もかなり激しくなるということ。

医療業界に限らず、様々な職種の人が転職に動き出すと予想できますので、応募したい求人があるのなら、行動に移してみるのはアリかなと思います。

 

最近転職をサポートした方で医療業界に転職した人がいますが、かなり毎日が忙しく、1日1日を乗り切るだけで精一杯ということを聴いています。

一方で、感染者の受け入れをしていない病院では、患者数が減少し、かえって暇になっているという方も。

 

つまり、個人差はあるけど、正解はないということですね。

 

みなさんの考えやキャリアプラン、生活の余裕などを考慮して整理してみましょう。

何かあれば、いつでもご相談に乗りますからね。気軽にTwitterアカウントのほうまでメッセージくださいね。

 

医療業界からの転職は年齢が重要【転職の可能性】

医療業界といっても、様々な職種がありますよね。医師、ナース、看護助手、医療事務などなど。

もし、医療業界から転職する場合、年齢がかなり重要になってきます。

 

なぜなら、ほとんどの場合が未経験職種への転職になるからです。

 

大体の目安が30代後半。これを過ぎると将来性という観点から正社員への転職は難しくなっていきます。

ただ、派遣の場合は年齢のハードルがもう少し低くなります。

 

なので、30代後半以降に転職される方は、派遣も視野に入れながら転職活動を進めるとい良きです。

派遣について不安がある方は、下記の記事がおすすめです。↓↓

初めての派遣、不安なことが多いはず。

派遣のエージェント業務経験ががある僕が、リアルなことをお話したいと思います。

3分ほどで読み終わると思いますので、じっくり読んでみてくださいね。

【初めての派遣は不安】元・派遣営業が語るリアルとお勧めの派遣会社
【初めての派遣は不安】元・派遣営業が語るリアルとお勧めの派遣会社初めての派遣は不安なことが多いと思います。ということで、派遣のエージェント業務をしたことがある僕が本当の事をお答えします。3分ほどで読み終わると思いますので、じっくり読んでみてくださいね。...

 

身体が壊れたら終わり【一番重要】

ここが一番大切です。精神的にも、身体の疲れ的にも、壊れてからではどうしようもないです。

感染者を受け入れている病院で働いている人は尚更気を付けないといけませんね。

 

感染症が収まるのもまだ先の話ですし、ワクチン接種が始まってもすぐに解決できる問題ではありません。

先が見えないストレスを発散しながら働くか、限界なら転職で移るのもアリ。

 

もうそろそろ限界を超えてしまいそうだという方は、早期に退職するのが良いかもですね。

 

まとめ:一時避難もアリです

退職か転職かを考える際には、一時避難もアリなんだという精神的なゆとりを持っておくといいかと思います。

 

つまり、一度他の業種を体験して、もしくは派遣で責任の程度を下げた働き方をしてみて、それが合わなければ道を戻してもいいんだよってことですね。

 

同じ病院には戻れないかもですが、そこの拘りがないならチャレンジもアリかなと。

転職を考える際には選択肢を広く、自分のキャリアプランを意識して進めることが大切ですからね。

 

転職を検討する方に役立つ2つの話

転職を検討する方に役立つ2つの話
  • 未経験歓迎に期待しすぎてはいけない話
  • 派遣と正社員のどちらがいいのかという話

ここからは転職してみようかなと思う人向けになります。少しでもしてみようと思うなら読んでおくと今後役立ちます。

 

未経験歓迎に期待しすぎてはいけない話

求人をチェックしてみると、未経験歓迎と書かれたものがたくさんあるかと思います。医療業界からの転職だと、この未経験歓迎に転職をする人がかなり多めです。

 

でも、ここに期待しすぎてはいけません。

 

未経験歓迎と書かれていても、経験者有利なのに変わりはありませんし、経験者が優先されるのは事実です。

それでも、未経験は決して弱みとは言い切れません。

 

未経験だから転職できないなんてことはないですし、経験者有利を覆す方法も可能性もあります。

詳しくは下記の記事で解説していますので、気になる方はぜひどうぞ。

未経験の転職を成功させる方法を解説した記事はこちら

 

派遣と正社員で迷う人へ違いを解説

ひとまず派遣で働きたい気持ちもあるけど、安定性を求めて正社員で働きたい気持ちもある。そんな方に向けた記事を作成しました。

 

簡単に説明すると、こんな感じです。↓↓

  • 就業条件を妥協したいなら派遣
  • 試しに働いてみたい仕事があるなら派遣
  • 給料を重視するなら正社員
  • 雇用の安定性が欲しいなら正社員

 

詳しくはご紹介した記事で解説していますので、派遣とで迷っている方は読んでみるといいかなと思います。

派遣と正社員の違いを解説した記事はこちら

 

まとめ」:医療業界や世の中が不安定だからこそ考えよう

大袈裟な話ではなく、かなり大きな変化が訪れているのがいまの世の中です。医療業界はその影響を最も受けていると言っても過言ではありません。

 

だからこそ、自分で考えて、道を切り開いていくことが重要になってきます。

 

感染症をきっかけに、経営破綻の危機に扮している病院はたくさんあります。いきなり首を切られるなんてことも、この先はあり得るわけです。

 

そうなってから混乱していては、良い道を選択できませんし、そもそも道をつくることだって難しくなります。

 

だからこそ、いまを考えて行動していきましょう。

 

てんた
てんた
最後までお読みいただき、ありがとうございました!